TAD Compact Evolution One

「CSTドライバー」をはじめTAD独創の技術に革新のテクノロジー「Bi-Directional Aero-DynamicSlot ポート」搭載。 凝縮された筐体から、圧倒的な音の世界がひろがる。

テクノロジー

TADの理論とテクノロジーを集約した「SILENTエンクロージャー」。

バーチプライウッド(樺合板)のブレースと、MDFのパネルとの組み合わせにより高い強度と制振性を実現。さらに、「Bi-DirectionalADSポート」には10mm厚の硬質アルミサイドパネルを採用。エンクロージャーサイズやポートレイアウトの最適化により、250Hzまでの帯域で内部定在波を発生させないなど、優れた特性の礎となっています。

  • ※ SILENT=Structurally Inert Laminated Enclosure Technologyの略語。

自然な音の再現のために、音源位置をいかに集中させるか。そのためにTADが生み出した独創の「CSTドライバー」。

ミッドレンジとトゥイーターを同軸配置し指向特性を一致させ、音の乱れを排除。さらにトゥイーター振動板は軽量・高剛性のベリリウムを精巧に設計、加工。250Hzから100kHzのきわめて広い帯域にわたり、安定性に優れた音像定位と自然な音場空間をもたらします。

  • ※ CST=Coherent Source Transducerの略語。

理想とする音をめざした革新的なアプローチ、それが新開発「Bi-DirectionalADSポート」。

エンクロージャーの両サイドパネルにスリット状のポートを配置し、開口部を前後へ。その導入部をホーン形状として、滑らかに音を広げます。さらに、前後・左右の対称レイアウトにより、ポートからの不要音やエンクロージャー内の内部定在波の影響を排除。コンパクトなサイズからは想像もつかない、豊かで力強い音場でリスニングルームを満たします。

  • ※ Bi-Directional ADS= Bi-Directional Aero-Dynamic Slotの略語。

理想的な振動特性を追求し、織布と不織布を多層にラミネートした「MACS振動板」による18cmウーファー。

センターキャップとコーンを一体化したシェル(殻形状)振動板、大型ネオジムマグネットの強力な駆動力を余さず伝えるクレードル型の背面形状、空気の乱流を抑えるユニット背面のエアロダイナミクスデザインなどにより、豊かでクリアな低音、素直で伸びのある中低域を再現します。

  • ※ MACS=Multi-Layered Aramid Composite Shellの略語。

音像と音場に忠実な点音源へ。TADの主張を具現化した極小バッフル。

「CSTドライバー」「Bi-DirectionalADSポート」などの特性を最大限に生かしながら、最小面積でレイアウト。音の回折を最低限に抑え、スムーズに幅広く音を伝搬します。また、「トロピカルオリーブ」の木目、又はピアノブラック塗装を用いた高品位な鏡面仕上げ。硬質アルミサイドパネルとあいまって、ラグジュアリーでありながら先鋭的でかつてない個性的な存在感を放ちます。

TAD Compact Evolution One

カタログ

PDFをお読みになるには、最新版のADOBE Readerが必要です。 下記のサイトより無料ダウンロードできます。

Get ADOBE READER