TAD-M1000

一音一音が織りなす、音楽の真髄。 POWER AMPLIFIER M1000

“Evolutionシリーズ”のSACDプレーヤー「TAD-D1000」やD/Aコンバーター「DA1000」とデザインを揃え、システムとしての美しさを追求しました。電圧増幅段回路および電源グランドデザインを見直し、新規部品の採用により、ハイスピードなレスポンスと革新的な音質の向上を実現しています。

TAD-M1000-S
TAD-M1000-K

テクノロジー

正確性を目指した完全な対称性

スピーカーをどこまでも正確にドライブするために、回路方式から構造面に至るまですべての対称性にこだわり、徹底的にバランスを追求しました。500W/2chという大出力を生み出す増幅回路は、入力から出力段までL/Rを完全に独立させ、2台のアンプをバランス接続したBTL(バランスアンプ)方式を採用。電源トランスから整流回路、平滑回路、安定化回路など、すべての電源回路をL/R独立とし、正・負も完全対称に設定しています。

高強度の筐体による振動制御

極僅かな振動であっても音質に影響を及ぼすため、振動制御を徹底しています。インシュレーターには、クロモリ鋼を用いたスパイクを特殊鋼で強固に支える、高強度の素材を組み合わせた構造を採用。筐体の高重量をしっかりと保持します。荷重ポイントの明確化や、可動式スパイクベース採用により、床面からの振動を低減。これにより、アイソレーション性能を高め、音の情報量、力感、空気感の向上を図っています。

高強度の筐体による振動制御

極僅かな振動であっても音質に影響を及ぼすため、振動制御を徹底しています。インシュレーターには、クロモリ鋼を用いたスパイクを特殊鋼で強固に支える、高強度の素材を組み合わせた構造を採用。筐体の高重量をしっかりと保持します。荷重ポイントの明確化や、可動式スパイクベース採用により、床面からの振動を低減。これにより、アイソレーション性能を高め、音の情報量、力感、空気感の向上を図っています。

高効率を徹底して追求

圧倒的なスピード感とエネルギー感を両立させるために、大容量トロイダル電源トランスと電解コンデンサーを備えたアナログ型電源回路とクラスD出力段を組み合わせ、高速応答性に優れた高純度増幅段を実現。電源エネルギーをストレートにスピーカーへと伝達します。音の立ち上がりにもこだわり、リード線のない超低ON抵抗Direct FETを採用。クラスDの高効率特性により発熱が少なく、特別に放熱器を設けることなく500W/2chという大パワーを実現しています。

仕様

パワーアンプ 「TAD-M1000-K/S」の主な仕様

定格出力 500 W (JEITA、2チャンネル同時駆動、20 Hz ~ 20 kHz、T.H.D. 1.0 %、4 Ω)
定格歪率 0.05 %以下(20 Hz ~ 20 kHz、250 W、4 Ω)
SN比(入力ショート、Aネットワーク) 112 dB 以上
周波数特性 5 Hz ~ 50 kHz、-3 dB
利得(Balance) 29.5 dB
入力端子(感度/インピーダンス) 1.5 V/220 kΩ(Balance) / 0.75 V/47 kΩ(Unbalance)
電源電圧 AC100 V、50 Hz / 60 Hz
消費電力 250 W (待機時消費電力0.5 W)
外形寸法(W×H×D) 440 mm × 148 mm × 479 mm
質量 29 kg


TAD-M1000-S (Silver) フロント


TAD-M1000-K (Black) フロント


TAD-M1000-S (Silver) リアパネル

カタログ

カタログダウンロード (PDF 6.25 MB)

Get Adobe Reader

PDFファイルをお読みになるには、最新版のAdobe Readerが必要です。下記のサイトより無料ダウンロードできます。
Adobe® Reader® のダウンロード