お客様サポート

TAD-D1000,TAD-DA1000 USB入力のPC設定について

対応動作環境

まず、最初にPC側との接続環境をご確認ください。

対応端子 :USB2.0ハイスピード端子。Bタイプ。
接続ケーブル :USB2.0ハイスピード対応品。
本機の入力 :U1 もしくは U2

PC側のドライバー

初期設定モード

本機は初期設定状態で USB interface audio class 1.0に準拠しています。
対応サンプリング周波数 : 44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz
その他のフォーマットのファイル再生時には、PC再生プレーヤーによっては、上記対応フォーマットに変換することが可能です。

汎用OSの標準ドライバーで本機は認識できますが、実際に確認が済んでいるOSは下記になります。

Windows Vista SP2(32bit)、Windows 7(32bit/64bit)、Windows 8(64bit)
Mac OS 10.6、Mac OS 10.7、Mac OS 10.8

USB2モード

本機は設定を変更することにより、USB interface audio class 2.0に準拠します。

対応サンプリング周波数

MAC OS :44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz、176.4 kHz、192 kHz、352.8 kHz、384 kHz、DSD 2.8MHz、DSD 5.6MHz(DSDはDoP方式で伝送)
WINDOWS :44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz、176.4 kHz、192 kHz、DSD 2.8MHz(DSDはDoP方式で伝送)

USB入力を USB interface AudioClass2.0にするためには、下記操作を行います。USB入力のときの表示が U2 になります。

TAD-D1000 :スタンバイ中に本体のDAC MODEキーを押しながら、電源キーを押します。
TAD-DA1000 :スタンバイ中に本体のINPUTキーを押しながら、電源キーを押します。

動作確認が済んでいるOSは下記になります。

Mac OS 10.6、Mac OS 10.7、Mac OS 10.8 :
上記操作後、U2入力にした状態でMac PCと接続すると、PCに自動的にドライバーがインストールされます。
*Mac OS 10.5以前のバージョンは非対応です。初期設定モード のUSBモードでお楽しみください。
再生ソフトは Mac OSでは、iTunesにて動作確認しています。
Windowsの場合、専用ドライバーのインストールが必要になります。

TAD-D1000, TAD-DA1000 ドライバーソフトウェアダウンロードはこちら

PCMデータの再生ソフトはMacでは、AUDIRVANA PLUSで確認を行っております。
Windowsでは、foobar2000にて動作確認を行っております。
ASIO4ALL,WASAPIなどのカーネルミキサーをバイパスするソフトと併用することにより、高音質で安定した再生が得られます。
DoP方式によるDSD再生方法については、プレーヤーサイトの情報をご参考にしてください。

また、192 kHzなどのハイサンプリング伝送を行う場合、PCのスペックによっては 動作に不具合が生じる場合があります。

非対応PC(Mac OS 10.5以前の MAC PCや、専用ドライバーをインストールする前のWindows PCなど)を、USB2モードに設定した本機とUSB接続しないでください。
PCの動作が、極端に遅くなったり、操作不能になることがあります。そのような状態になった場合、PCを再起動する必要があります。

1.音声が出ないとき

TAD-D1000、TAD-DA1000の電源がスタンバイであったり、入力がU1もしくはU2ではない場合にはPC側の再生ソフトを起動しないでください。 入力をU1もしくはU2に切り替えた後にパソコンの再生ソフトを起動してください。

2.OSエラー音を出したくないとき

初期のOSの設定では、本機を通し、スピーカーからOS起動音、エラー音などが出力されます。 音楽信号以外を再生させたくない場合は、下記設定を行うとこれらの音声を出力されないようにできます。

3.出力サンプリング周波数の設定

再生するファイルのサンプリング周波数と、転送するサンプリング周波数をあわせることにより、周波数変換を行わずに転送することができます。
ASIO4ALL,WASAPIなどのカーネルミキサーをバイパスする設定で使用している場合は、この設定に関係なく、ファイル毎のサンプリング周波数で転送されます。
高いサンプリング周波数が設定されていると PCのスペックが低い場合、音声再生に乱れが生じることがあります。
その場合は、ビット数/周波数を「2チャンネル、24ビット、44100 Hz」などの低いレートに設定してください。
Windows XPでは、詳細の設定変更はできません。

●Microsoft、Windows、Windows VistaおよびWindows XPは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
●Apple、Macintosh、Mac OSは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

4.DSDデータの伝送再生

Mac OS 10.6,10.7,10.8については、 Audirvana plusを使用することで DSD伝送が可能なことを確認しています。
DSD伝送は、2.8 MHzサンプリング、5.6 MHzサンプリングのデータ伝送に対応しています。
Windows Vista,Windows7,Windows8では、JRiver Media CenterによってDSD伝送が可能なことを確認しています。
Windowsの場合、DSD伝送は、2.8 MHzサンプリングのデータに対応しています。

各ソフトウェアの使用方法、設定方法は、それぞれのマニュアルをご参照ください。