会社情報

報道資料

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2015年8月28日
株式会社 テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ
〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-15-3

~進化したTAD“Evolutionシリーズ”~
黒を基調としたディスクプレーヤー/パワーアンプ/スピーカーを新発売

TAD-D1000MK2-K
TAD-M2500MK2-K
TAD-CE1K-KJとTAD-ST2の組合せ
商品名 型 番 カラー 希望小売価格
(税別)
発売時期
ディスクプレーヤー TAD-D1000MK2-K ブラック 1,600,000 円 9月中旬
TAD-D1000MK2-S シルバー 1,600,000 円
2ch パワーアンプ TAD-M2500MK2-K ブラック 1,680,000 円
TAD-M2500MK2-S シルバー 1,680,000 円
スピーカーシステム TAD-CE1K-KJ ブラック 840,000 円(1本) 11月中旬

企画意図

株式会社 テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズは、“Evolutionシリーズ”のディスクプレーヤー「TAD-D1000MK2」、2チャンネルパワーアンプ「TAD-M2500MK2」、スピーカーシステム「TAD-CE1K-KJ」を発売します。3機種とも黒を基調としており、統一感のある黒色のシステムとして組み合わせることができます。また、ディスクプレーヤー、パワーアンプには、シルバーを基調としたモデルもラインアップしています。

ディスクプレーヤー「TAD-D1000MK2」は、「TAD-D1000」の豊富なデジタル入力端子や、デジタル音声信号を正確に再生する独自開発の「超高C/N※1マスタークロックUPCG※2」などを継承し、新たに高音質な電子ボリューム機能を搭載しました。パワーアンプとのダイレクト接続が可能なので、プリアンプを介さないシンプルな構成で高音質再生が可能なデジタルメディアセンターとして使用できます。また、電源トランスの容量を増加させるなど電源回路を大幅に改良し、新開発のインシュレーターを採用することで、さらなる高音質を追求しました。

2チャンネルパワーアンプ「TAD-M2500MK2」は、電源回路とスピーカー出力回路を低インピーダンス化するなどのチューニングを施すとともに、「TAD-D1000MK2」と共通のアイソレーション性能を向上させた新開発のインシュレーターを採用しています。

スピーカーシステム「TAD-CE1K-KJ」は、「TAD-CE1」シリーズと同様に、蒸着法によるベリリウム振動板をトゥイーターに採用した同軸スピーカーユニット“CSTドライバー”や、エンクロージャーの両サイドにスリット状のバスレフポートを設置した“Bi-Directional ADS”※3ポートシステムを採用しています。エンクロージャーの全周を高光沢なピアノブラック塗装を施し、サイド部に装着したグレーアルマイトのアルミパネルの周りを黒艶消し仕上げにすることで、深い色味で艶気のあるデザインにしています。

※1 Carrier to Noise ratio:搬送波対雑音比
※2 Ultra high Precision Crystal Generator
※3 Bi-Directional Aero-Dynamic Slot

ディスクプレーヤー「TAD-D1000MK2」の主な特長

1) 外部振動の影響を抑える低重心構造と新開発のインシュレーターを採用

外部からの振動の影響を抑える8mm厚の無垢材アルミニウムシャーシと、重量のあるパーツを下底部に配置した低重心構造により、徹底した制振構造を実現しています。新開発のインシュレーターは、荷重ポイントの明確化と接地面からの振動影響の低減、アイソレーション性能の向上を実現し、よりクリアな音の再生を可能にします。

2) 大型トロイダル電源トランス2基を低インピーダンス化

高出力大型トロイダル電源トランスのさらなる低インピーダンス化を図り、電源回路の基準電位の最適化を行いました。これにより、しなやかな中域とハイスピードでエネルギー感のある低域再生を実現します。

3) LINE出力用ボリューム機能の搭載により、シンプルで高音質なシステム構成が可能

LINE出力に高音質な電子ボリューム機能を搭載しているので、パワーアンプとダイレクトに接続し、プリアンプを介さないシンプルな高音質オーディオシステムを構成できます。音楽ディスクやPCに保存したハイレゾリューション音源などを楽しむ方に、デジタルメディアセンターとしての使い方を提案します。

4) 超高C/NマスタークロックUPCG※2と、バーブラウン社製のD/Aコンバーター「PCM1794A」を搭載

上位機種「TAD-D600」と同等の「超高C/NマスタークロックUPCG」を搭載しました。高速デジタル通信基地局で使用される高C/N化技術手法をベースに、物理特性の追求と試聴を繰り返して開発した高純度マスタークロックにより、ディスクに記録された信号や入力信号の再現性を極限まで高めています。また、常温での高精度発振により、クイックスタートと長寿命を実現しています。バーブラウン社製のD/Aコンバーター「PCM1794A」を左右独立で配置し、並列接続したバランス型D/Aコンバーター回路を構成することで、正確な変換と高S/Nを達成しています。また、残留ノイズと高スルーレートを両立させる独自のディスクリートI-V変換回路を採用することで、音の立ち上がりや広がりに優れ、高品位で迫力のある音を再現します。

5) 独自開発のアシンクロナスUSB伝送エンジンにより、ハイレゾリューション音源を忠実に再生

5系統のデジタル入力(USB、XLR、同軸×2、光)を装備しています。USB Audio Class 2.0に対応したUSB端子には、独自に開発したアシンクロナスUSB伝送エンジンを搭載しており、PCからのデジタル信号の伝送状態を本機で制御することで、デジタル信号を正確に受信することができます。また、受信したデジタル信号は純度の高いクロックで読み出すため、ジッターから解放された極めて純度の高いデジタル信号になります。さらに、384kHz/32bitまでのPCMデータのほか、DoP方式によるDSDデータの伝送にも対応しており、5.6MHzまでのDSDネイティブ伝送が可能です。

6) 高精度ローディングと静粛性に優れた独自のCDメカを搭載

スムーズで精度の高いローディング動作に加え、外部振動がサーボ系へ与える影響を最小限に抑えた独自のCDメカを採用しています。アルミ削り出し加工によるディスクトレイ部は、低振動・高剛性を実現し、黒色の素材を採用することでレーザー光の乱反射を防ぎ、読み取り精度を向上させています。

7) シルバーと黒の2機種をラインアップ

シルバーを基本とした既存のカラーに加え、黒を基調としたモデルも用意しました。

パワーアンプ 「TAD-M2500MK2」の主な特長

1) 電源回路などのチューニングと、新開発のインシュレーターの採用により音質を向上

「TAD-M2500」の電源回路とスピーカー出力回路を低インピーダンス化し、それぞれの配置構造を見直すことで、配線材や回路などのストレスを解放しました。また、配線を見直すことで伝送路に流れる電流による電磁誘導を低減し、応答性を向上させています。さらに「TAD-D1000MK2」と共通の新開発のインシュレーターを採用し、よりクリアな音を再生します。

2) 対称性を追求した「Duallogic-Circuit Technology」

スピーカーの振動板を正確にドライブするために、正負の電流発生源の完全同一化、回路方式や構造面などあらゆる面での対称性にこだわりました。増幅回路には、入力端子から出力端子まで完全に独立した2台のアンプをバランス接続したBTL方式を採用し、電源回路は、正負電源の対称性のみならず電源トランスから整流回路、安定化回路などすべての電源回路をL/R独立設計としています。また、構造面では、電源トランスの配置や基板のパターン構成だけでなく、配線長まで同一性を考慮したデュアルモノ構造を採用しています。

3) 電力利用率90%以上の高効率特性を達成

リード端子を排除したパワーMOS FETを採用しているクラスD出力段は、電力利用率90%以上の高効率特性を達成しており、電源エネルギーをストレートにスピーカーへ伝えることができます。また、信号の立ち上がりが早く、応答性の良い音を再現します。

4) 大容量電源を搭載

電源にはスイッチングノイズの影響がないトランスドロッパー方式を採用し、電源のS/Nを高めています。また、高品質オリエント材を使用した1kVAクラスのトロイダル型電源トランスは、一次・二次側巻線の強い結合でエネルギー変換ロスを低減します。さらに、専用に開発した大容量33,000μFの電解コンデンサーと高速ショットキーバリアダイオードで構成された整流回路により、クラスDアンプならではのスピード感溢れるダイナミックな音質を実現しています。

5) シルバーと黒の2機種をラインアップ

シルバーと黒のツートーンを基本とした既存のカラーに加え、黒を基調としたモデルも用意しました。

スピーカーシステム 「TAD-CE1K-KJ」の主な特長

1) 仕上げが美しいピアノブラックのエンクロージャーを採用

エンクロージャーの全周に、一本一本丹念に磨き上げた高光沢のピアノブラック塗装を施し、サイド部に装着したグレーアルマイトのアルミパネルの周りを黒艶消し仕上げにしています。ピアノブラック部には、漆黒を再現するポリエステル塗装材を採用しており、塗装の吹き付け作業、下地塗装の研磨、最終の磨き上げの工程を、丁寧に時間をかけて仕上げています。異なる質感の色や素材を組み合わせることで、深い色味で艶気のあるデザインに仕上げています。

2) 安定した定位と自然な音の広がりを再現する同軸スピーカーユニット“CSTドライバー”を搭載

Evolutionシリーズ共通の中高域用同軸スピーカーユニット“CSTドライバー”を搭載しており、安定した定位と自然な音場空間を再現します。ミッドレンジのコーンにより、同軸配置されたトゥイーターの指向特性を制御し、トゥイーターとミッドレンジのクロスオーバーにおける位相特性と指向特性を一致させることで、全帯域で自然な減衰特性と指向放射パターンを両立し、CSTドライバーのみで250Hz~100kHzという超広帯域再生を実現しています。

3) トゥイーターに独自の蒸着法で加工したベリリウム振動板を、ミッドレンジには軽量で高内部損失のマグネシウム振動板を採用

トゥイーターに、軽量で剛性に優れたベリリウムを蒸着法で成形した振動板を採用しています。コンピューター解析による最適化手法「HSDOM(Harmonized Synthetic Diaphragm Optimum Method)」を用いて形状設計し、分割振動とピストンモーションの最適バランスを導き出すことで、100kHzまでの超広帯域再生を実現しています。ミッドレンジには、内部損失の高いマグネシウム振動板を採用することで、材料固有の共振音の影響を排除し、歪みの少ない音を再生します。

4) ウーファーに、MACS(Multi-layered Aramid Composite Shell)振動板を採用

ウーファーに、軽量で高剛性なアラミド繊維の織布と不織布を何層にもラミネートした振動板を採用し、センターキャップとコーンをシェル状(殻形状)に一体化することで、豊かな低音再生とクリアな中低域再生を実現しています。また、強力なネオジムマグネットを使用したTポール型磁気回路の採用により、小さな振幅から大きな振幅まで均一で高い駆動リニアリティを実現しています。

5) 自然で豊かな低域を再生するポートシステム“Bi-Directional ADS”

スリット形状のポート(ダクト)をエンクロージャーの両サイドに設置し、開口部をホーン形状にすることで、滑らかな空気の流れを実現するポートシステム“Bi-Directional ADS”を搭載しています。大振幅時のポートノイズを低減するとともに、ポートからの内部定在波の漏洩を抑制することで、レスポンス良く豊かな低域を再生します。また、ポートの開口部を前後・左右対称にレイアウトすることで、ポート駆動による振動を打ち消し自然な低域を再生します。

6) キャビネットの不要共振を低減する“SILENT(Structurally Inert Laminated Enclosure Technology)エンクロージャー”

高剛性の樺(バーチ)合板を骨組みに使用し、内部損失の高いMDF(Medium Density Fiberboard:中質繊維板)材と組み合わせることで高い強度と低共振を実現する“SILENTエンクロージャー”構造を採用しています。エンクロージャーの左右の側板に、10mm厚の高剛性アルミパネルを装着することで、キャビネットの共振をさらに低減します。また、エンクロージャー内部の定在波解析を行い、最適な吸音材を選定して効果的に配置することで、音像・音場に悪影響を及ぼす内部定在波を排除しています。

ディスクプレーヤー「TAD-D1000MK2」の主な仕様

デジタル入力端子(5系統) XLR×1、同軸×2、光×1、USB(標準B型)×1
対応サンプリング周波数(XLR/同軸) 44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz、176.4 kHz、192 kHz
対応サンプリング周波数(光) 44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz

サンプリング周波数と対応OS

(USB)

Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Mac OS 10.6以降

PCM:44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz、176.4 kHz、192 kHz
DSD:2.8 MHz

上記に加え、Mac OS 10.6以降のみ

PCM:352.8 kHz、384 kHz
DSD:5.6 MHz
USB 動作環境 USB 2.0 ハイスピード
出力端子(デジタル) XLR×1、同軸×1
出力端子(アナログ) バランス×1、アンバランス×1
定格出力電圧(アナログ) バランス 4 V、アンバランス 2 V (1 kHz、0 dB)
S/N 比 115 dB
周波数特性

サンプリング周波数88.2 kHz以上:10 Hz ~ 40 kHz、-1 dB
サンプリング周波数44.1 kHz:10 Hz ~ 20 kHz、-1 dB

再生ディスク SACD、CD、CD-R、CD-RW
電源電圧 AC100 V、50 Hz/60 Hz
消費電力 43 W(待機時消費電力0.5 W 以下)
外形寸法 (W×H×D) 440 mm × 150 mm × 406 mm(最大外形寸法)
質量 18.5 kg

パワーアンプ 「TAD-M2500MK2」の主な仕様

定格出力 500 W (JEITA、2チャンネル同時駆動、20 Hz ~ 20 kHz、T.H.D. 1.0 %、4 Ω)
定格歪率 0.05 %以下(20 Hz ~ 20 kHz、250 W、4 Ω)
SN比(入力ショート、A ネットワーク) 112 dB 以上

周波数特性

5 Hz ~ 50 kHz、-3 dB

利得(Balance) 29.5 dB
入力端子(感度/ インピーダンス) 1.5 V/220 kΩ(Balance) / 0.75 V/47 kΩ(Unbalance)
電源電圧 AC100 V、50 Hz /60 Hz
消費電力 250 W (待機時消費電力0.5 W)
外形寸法 (W×H×D) 440 mm × 170 mm × 467 mm
質量

43 kg

スピーカー 「TAD-CE1K主な仕様

型式 3ウェイ バスレフ ブックシェルフ型
スピーカー構成 3ウェイ方式
ウーファー 18 cmコーン型

ミッドレンジ / トゥイーター

同軸14 cmコーン型 / 3.5 cmドーム型

再生周波数帯域 34 Hz ~ 100 kHz
クロスオーバー周波数 250 Hz、2 kHz
出力音圧レベル 85 dB(2.83 V・1 m)
最大入力 200 W
公称インピーダンス 4 Ω
ユニット極性

低域(+)、中域(+)、高域(+)

外形寸法 (W×H×D) 290 mm × 524 mm × 446 mm
質量 30 kg
付属品 ショートケーブル x 2 、クリーニングクロス