会社情報

報道資料

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2009年7月7日
株式会社 テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ

TADラボの技術の粋を集結した
モノラルパワーアンプのフラッグシップモデル 新発売

商品名 型番 希望小売価格 発売時期
モノラルパワーアンプ TAD-M600 2,625,000円 
(税抜価格 2,500,000円)
10月下旬

企画意図

株式会社 テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ (以下 TADラボ 本社:東京都目黒区 代表取締役社長:宮川 務)は、プロフェッショナル用スピーカーやTAD REFERENCE ONEなどを手がけ、世界に誇る高級スピーカーブランドとして評価をいただいてまいりましたが、この度、モノラルパワーアンプを発売いたします。TADラボのオーディオ技術を駆使した最高級アンプのフラッグシップモデルです。
当社は本製品の導入をスタートとし、製品ラインアップを強化するとともに、ハイエンドオーディオ市場の更なる活性化を目指してまいります。

主な特長

1)  対称性の追求 Duallogic-Circuit Technology

スピーカーの振動板を正確にドライブするためにはボイスコイルに流れる正負の電流発生源が完全に同一であることが必要です。その為、回路方式では、入力端子から出力端子までフルバランス方式の採用、電源回路では、正負電源の対象性を重視し同一トランスを2基搭載する構成の採用、構造面では、部品レイアウトの対称性のみならず正負回路の温度及び磁界などの動作環境の対称性までも重視するなど、この対称性にこだわり、完全バランスを目指しています。

2)  振動制御技術 Vibrate-Absorber Technology

シャーシに共振しにくい素材である鋳鉄を採用。また、点支持アジャスタブル構造スパイクやトランスとシャーシの間に10mm厚アルミニウム制振板を使用すること等により、振動制御を追及しています。チムニータイプのヒートシンクは低共振実現のためシミュレーションによる共振制御構造の採用など、細部に渡り振動制御への配慮を行っています。

3)  低重心構造 Lower Weight-Balanced Frame

シャーシには、質量35kgの鋳鉄を採用し、大質量による安定した土台を構成しています。また、脚部の位置を製品の外側に配置したワイドトレッドシャーシ構造を採用することで、相対的な重心を更に下げることを可能としました。

4)  定格出力600W/4Ωの駆動力

高域特性の優れたマルチ・エミッター・トランジスタを5パラレルで構成したプッシュプル増幅器をバランスアンプ接続 することで600W/4Ω、300W/8Ωの出力を余裕をもって実現しています。 大型トランス2基による総合出力1.3KVAの電源トランスと、33000μF×4による大容量コンデンサで構成する強力電源で、大出力時でもスピーカーを忠実にドライブします。

5)  シンプル化へのこだわり

増幅回路の電圧増幅段をわずか1段で構成。高域位相特性の改善による性能向上の実現と、位相補償をシンプルな回路で行うことで音質向上に寄与しています。これに、カレントフィードバック回路を組み合わせることでシンプルで安定度の高い増幅回路を実現しました。また、異種回路の干渉を防止するために、入力端子から出力端子まで最短距離で構成しています。理想的なシンプルで高い安定度の回路の開発により安定度向上の為に必要であった出力チョークコイルの削除が可能となり、正確無比な再生を実現しました。

6)  厳選された高品質パーツ

通常は衛星通信など超高周波増幅回路に使用されるPPE材を基板材料に採用。パターン間の容量結合、対電源・グランド間の結合容量の最小限化や、超高域までの信号伝送ロスの最小限化を追求しています。また、PPE材に無酸素銅板を張り合わせ135μm銅箔厚オリジナルプリント基板とすることで、性能と音質の向上を図りました。
*PPE(ポリフェニレンエーテル)

主な仕様

定格出力 600 W (JEITA 20 Hz~20 KHz、T.H.D 、0.2%、4 Ω)
300 W (JEITA 20 Hz~20 KHz、T.H.D 、0.2%、8 Ω) 
周波数特性 1 Hz~100 KHz +0/-1 dB
定格歪率 0.03 %以下  (20 Hz~20 KHz/4 Ω 300 W出力時)
利得(Gain) 29.5 dB
入力端子 XLR/220 KΩ ×1
出力端子 専用大型ネジターミナル×2組 (バイワイヤリング対応)
外形寸法 516 × 622 × 307 (W×D×H) mm (スパイク受け装着時) 
重量 90 Kg