会社情報

報道資料

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2022年10月20日
株式会社 テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ
〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-8

至高の音を追求し、深化を遂げたReferenceシリーズ
ディスクプレーヤー「TAD-D700」を発売

TAD-D700
商品名 型番 希望小売価格 発売時期
ディスクプレーヤー TAD-D700 4,500,000 円
(税込 4,950,000 円)
2023年1月

企画意図

株式会社 テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ(TADL)は妥協しないものづくりにこだわり、最高の音質を目指したハイエンドオーディオ「Referenceシリーズ」と革新的な技術を取り入れた「Evolutionシリーズ」を市場導入しています。
このたび発売するReferenceシリーズのSACD/CDプレーヤー「TAD-D700」は、2010年に発売し全世界から高い評価を得ている「TAD-D600」の後継モデルとして、新たに「第三世代UPCG※1」を採用するなどさまざまな新技術を取り入れ、音質向上を図ったTADのフラグシップモデルです。

※1 UPCG:Ultra High Precision Crystal Generator

主な特長

1) 「超高C/N※2マスタークロック回路」「第三世代UPCG」を搭載

本機は、高速デジタル通信基地局で使用される「高C/N化技術手法」をベースに物理特性の追求と試聴を繰り返して開発した「超高C/Nマスタークロック回路」により、ディスクに記録された信号や入力信号の再現性を極限まで高めています。また、低位相ノイズを追求した「SCカット水晶片」を採用することで「UPCG」を第三世代へと進化させ、音質やC/Nのさらなる向上を図りました。

※2 C/N:Carrier to Noise ratio (搬送波対雑音比)

2) 独立電源部構成

電源部を独立構成にすることで、メカニカル部やオーディオ回路に悪影響を及ぼすトランスの不要振動と漏洩磁束を排除しています。また、電源トランスの内部巻線を直出しすることで引き出し線との接点を極力削減し、電源回路の高純度化を図るとともに、直出し線のターミナル、基板マウントターミナル、締結ビスに非磁性のメッキとOFC純銅を採用することで磁性歪を排除しています。さらに、オーディオ用の電源トランスに400 VAとパワーアンプ並みの「トロイダルトランス」を搭載することで信号応答性能を高めるとともに、電源部の筐体には制振性能に配慮した強固な「鋳造アルミニウム製モノコックシャーシ」を採用しています。

3) シンプル化にこだわったアナログオーディオ回路

TADの技術思想「シンプル構造」に基づき、新たに開発した「電流帰還型アンプ」をI/V変換回路に採用。その入力段には、当社の匠により厳格に選別、ペアリングされた「FETデバイス」を搭載しました。これにより超広帯域の信号伝送を可能にし、変換精度を格段に向上させています。さらに、フィードバック抵抗には「非磁性高信頼カーボン抵抗器」を採用。信号経路を非磁性化することにより、磁性歪を徹底的に排除しています。

4) 「並列接続差動型D/Aコンバーター」を搭載

バーブラウン製D/Aコンバーター(192kHz/24bit)を並列接続で使用することにより、S/N比、リニアリティ、ダイナミックレンジ、歪率などのオーディオ性能を向上させました。高純度な音声信号を後段のアナログオーディオ回路へ伝送することで微小な音楽信号まで再生が可能となり、きめ細やかで高密度な音を再現します。

5) 高精度ローディングと静粛性に優れた独自のCD/SACDメカニズム

高精度で正確な再生を極めるために、CD/SACDメカニズムにもTAD独自のこだわりと工夫を凝らしています。新設計の「高剛性CD/SACDメカニズム」は、金属軸受けを採用した高精度ローディング機構により、制振性に優れたディスクトレイの開閉動作を実現。無限系光路を採用したピックアップ部は、安定した動作と高い読み取り精度を誇ります。また、ディスクトレイ部は高度な技術が要求されるアルミ削り出し加工により、振動を抑える高剛性を実現。トレイに配した特製黒色シートは、レーザー光の乱反射を抑えて読み取り精度を高めるとともに、制振性にも貢献しています。

6) 高剛性低重心構造

本体部に、3点支持の「鋳造アルミニウム製極厚ベース」と6mm厚銅メッキ鋼板シャーシによる「高剛性2層シャーシ」を採用することで、高剛性低重心構造を実現しています。これにより振動を最小限に抑え、メカニカル部やオーディオ回路への悪影響を排除しています。

7) 高性能なD/Aコンバーターユニットとして使用可能

本機は、「超高C/Nマスタークロック回路」でリクロックを行う高精度変換が可能な「サンプリングレートコンバーター」を搭載しており、192kHz/24bitまでのデジタル信号入力に対応する高性能なD/Aコンバーターユニットとして使用できます。

ディスクプレーヤー「TAD-D700」の主な仕様

デジタル音声入力 バランス入力端子/XLR:1系統
同軸入力端子/RCA      :1系統
対応入力サンプリング周波数
(XLR/同軸)
44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz、176.4 kHz、192 kHz
デジタル音声出力 バランス出力端子/XLR:1系統
同軸出力端子/RCA      :1系統
アナログ音声出力 バランス出力端子/XLRステレオ      :1系統
アンバランス出力端子/RCAステレオ:1系統
定格出力電圧(アナログ) バランス 4 V、アンバランス 2 V (1 kHz、0 dB)
S/N比 115 dB
周波数特性 CD     4 Hz ~ 20 kHz
SACD 4 Hz ~ 40 kHz
再生ディスク SACD、CD、CD-R、CD-RW
電源電圧 AC100 V、50 Hz / 60 Hz
消費電力 43 W(待機時消費電力 0.5 W以下)
最大外形寸法 (W×H×D) 本体部 450 mm × 185 mm × 440 mm
電源部 220 mm × 185 mm × 430 mm
質量 本体部 26.5 kg
電源部 14.0 kg