お客様サポート

TAD-C2000 USB入力のPC設定について / Windows XPの場合

1.音声が出ないとき

TAD-C2000の電源がスタンバイであったり、入力がD3ではない場合にはPC側の再生ソフトを起動しないでください。 入力をD3に切り替えた後にパソコンの再生ソフトを起動してください。

  1. 【スタート】⇒(【設定】⇒)【コントロールパネル】⇒【システム】をクリック。
  2. 【ハードウェア】のタブをクリック、【デバイスマネージャ】をクリック。
  3. 【USB(Universal Serial Bus)コントローラ】をクリックし、 【USB複合デバイス】が登録されていることを確認する。
    【サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラ】をクリックし、 【USBオーディオデバイス】が登録されていることを確認する。
  4. 上記表示がない場合は、C2000の入力がD3:USBであることを確認し、ケーブルを再度挿入し直すか、リモコンのRESETキーを押す、もしくは電源をスタンバイ⇒オン を行うと再認識されます。
  5. 【スタート】⇒(【設定】⇒)【コントロールパネル】⇒(【サウンド、音声 およびオーディオデバイス】)  ⇒【サウンドとオーディオデバイス】をクリック。
  6. サウンドとオーディオのプロパティを開く。
  7. 【オーディオ】のタブの「音の再生」の既定のデバイスに「TAD-USB1」と表示されていることを確認する。USB2モードの場合、「TAD-USB2」と表示される。(何も表示されない場合もあります。)
    ⇒他のデバイスが選択されている場合は、「TAD-USB1」もしくは「TAD-USB2」を選択する。
    ⇒【適用】をクリックし、設定を変更する。
  8. 設定を有効にするために、パソコンを再起動する。
  9. ご使用の再生プレーヤーのボリュームが最大になっていることを確認する。
    ご使用の再生プレーヤーに出力プラグイン設定がある場合は、「TAD-USB1」もしくは「TAD-USB2」が選択されていることを確認する。

2.OSエラー音をスピーカーから出したくないとき

初期のOSの設定では、本機を通し、スピーカーからOS起動音、エラー音などが出力されます。音楽信号以外を再生させたくない場合は、下記設定を行うとこれらの音声を出力されないようにできます。

  1. 【スタート】⇒【コントロールパネル】⇒【サウンドとオーディオデバイス】のプロパティを開く。
    【サウンド】タブのサウンド設定で「サウンドなし」を選択し、【適用】をクリックする。